馬主資格の取り方と見習い馬主日記

馬主になるには日記

地方競馬の馬主になるための手順

地方競馬の馬主になるための手順

基本的には、お友達の馬主さんから調教師を紹介してもらう→NARから申込書を取り寄せる(ホームページからプリントする)→その馬主さんと調教師さんの名前を書いて提出する、という流れになるかと思います。

が、普通の人に馬主や調教師の知り合いがいるとはちょっと思えません。

小生は競馬仲間に馬主さんや牧場関係者がいるので、その人を通せば問題なく申請できそうだったのですが、それをやると(おそらく)入厩先の競馬場と預託厩舎が初めから決まってしまいます。

安い馬しか買えないのに大井に入れるしかありません、みたいなことにると、それはそれでけっこう苦しいです。ではどうすればいいのでしょうか。

共有馬主(一口馬主クラブ)を活用する

そこで、一口馬主クラブを活用します。

社台グループオーナーズ、ビッグダディオーナーズクラブ等、地方競馬の一口馬主に力を入れているクラブであれば、調教師さんの紹介も含めて、きわめてスムーズに馬主登録の手続きを進められると思います。

小生は最終的に一頭持ちをするつもりなので、競りや庭先取引でお世話になるかもしれないと思い、社台グループオーナーズ経由で申し込むことにしました(社台もこのルートでの販売に力を入れているのか、共有馬主にもセールの案内が来ます。主に中央の馬主に読んでもらうために送ってるのだとは思いますが…)。

共有馬の馬代金と預託料がかかりますが、勉強料&行動の自由のオプション料だと割り切れば、それほどの投資でもないように思います。

更新日:

Copyright© 馬主になるには日記 , 2017 All Rights Reserved.