馬主資格の取り方と見習い馬主日記

馬主になるには日記

一口馬主

DMMバヌーシーは最高のシステムで最悪のものを売っている

更新日:




DMMバヌーシーはサロンサービスである

一口馬主界隈で話題なのが、DMMバヌーシー。

賛否両論、嫌いな人は代表者の人格まで含めてサービス全体をボロクソにこき下ろしていますが、そんなに単純な話ではないと思います。

みなさん勘違いしているのですが、これは一口馬主サービスではなく、馬を通じたサロンサービスなんですね。

なぜサロンサービスなのか。

馬代金がとにかく高すぎるので、投資代金を回収できるとは到底思えないからです。

DMMバヌーシー

買い切りシステムのため、預託料などが全て乗っているのはわかるのですが、セリで超高額で落とした馬に、かなりの手数料を乗っけて売っているわけです。

最低でもジャスタウェイ級の活躍をしてもらわなくては、回収できないような馬もいます。

これではさすがに儲けるのは無理でしょう。

したがって、感動の共有というのが一番の報酬である以上、これは投資商品の形を借りたサロンサービスですね。

実際にDMMバヌーシーの代表さんも、金融商品としては元が取れないとご自身で言っておられます。

高額馬ほど元が取れない(気がする)

先述のように、馬代金にはパーセンテージでDMM側の儲け分が入っており、高額馬ほど元が取れなさそうになっているのが辛いところです。

「元が取れない前提ならPOGでいいのではないか」「サロンサービスなら初めからファンクラブでええやんけ」と言われれば、ちょっと返す言葉がないでしょう。

募集総額は1頭あたり1億円~4億円ほどになると思いますが、社台やキャロットなどの大手の一口馬主クラブでは、募集馬の平均獲得賞金が3000万円程度になるので、かなりキツい勝負だという印象です。

抽選落ちがないのは画期的にすばらしい

とはいえ悪いところばかりではなく、システム全般で見れば、むしろいいところのほうが多いです。

まずなんといっても1万口に分割されているので、抽選落ちがないということ。

DMMバヌーシー 購入画面

既存の一口馬主クラブでは、一頭が10-500口程度に分割されているため、知恵を絞って、考えに考えて申し込む馬を選んでも、抽選で落ちてパーという超しょっぱいことになりがちなのです。

渋々買った馬が凡走しては、感動の共有なんて土台無理でしょう。

このあたり、DMMの販売力をバックに、一万口に分割すると決めたバヌーシーは素晴らしいシステムだと思います。

アプリの出来はかなり良い

あとは、アプリの出来がとにかく良いですね。

ウイニングポストをオンライン化して、リアル世界に持ち込んだらこういう感じでしょう。

DMMバヌーシー 動画再生

馬の近況を動画で事細かに教えてくれるのも、大変よいと思います。

情報提供に関しては、社台グループオーナーズなどより全然手厚いです。

社台系列の馬で、DMMのほうがしっかり取材しているのは、社台なにやっとるねんという感じですが、これも馬代金に映像制作費用がバッツリ乗っているからこそできるわけで、やはりこれは一口馬主の形を模したサロンサービスですね。

ワナダンスの2015を買ってみた

DMMバヌーシー、儲かるとは思えないのですが、売り物がよくないだけで、サービス自体は大変よいと思います。

文句ばかりつけているのも申し訳ないし、純粋にDMMバヌーシーを応援したいという気持ちもあるので、一口買ってみました。

DMMバヌーシー 持ち馬の一覧

選んだのはステイゴールド産駒、ワナダンスの2015。

これは馬代金が10000円の1万口なので、総額1億円ですね。

進上金その他を考えると、うまいことGIを1発・GIIを2発ほど勝ってくれれば、黒字になると思います。

(逆に言うと、一番高い馬は43500円の1万口なので、こりゃどれだけ勝たなアカンねん、というところです)

来年度は安いけどピリッとした馬で

以上のように、DMMバヌーシーは、馬代金が高すぎる以外は素晴らしいサービスです。

来年度は超良血でなくてもいいので、ピリッとした血統の格安馬をラインナップに入れてほしいところです。

馬代金からパーセンテージでDMM側の利益を抜いているので、高額馬を揃えなくては儲からないのはわかるのですが、このままだとサービスが潰れてしまうのではないかと心配です。

実際、DMMバヌーシーの代表である野本巧さんのツイートを見ると、

DMMバヌーシー
8/17 24:00現在
申し込み人数
11,216
開設済口座数
6,168
購入済会員数
2,105

まだまだ売れてないですが、
近況動画とバヌーシーコミュニティの雰囲気に感無量です。
8月末のコミュニティ改修後が今から楽しみです。

ということで、売れ行きは芳しくないようです。

9頭を1万口ですから、トータルで9万口売らないといけないわけで、確かにしんどいでしょう。

今年の募集もそろそろ終わってしまいますが、大量の売れ残りを出したようです。

なくなってほしくないDMMバヌーシー

とはいえ野本さんのツイート通り、バヌーシーのコミュニティの雰囲気はとてもいいのです。

競馬ファンや、競走馬購入者の裾野を広げるためには、重要な存在だと思います。

(ちなみに社台の会報で吉田照也さんも似たようなことを書いていました)

太く短くではなく、細く長く広く、DMMバヌーシーの世界を広げていってほしいと思います。







-一口馬主

Copyright© 馬主になるには日記 , 2017 All Rights Reserved.